診療時間 日・祝
午前 9:00

13:00
9:00

13:00
9:00

13:00
9:00

13:00
9:00

13:00
9:00

13:00
午後 14:30

18:30
14:30

18:30
14:30

18:30
14:30

18:30

受付は原則として診療時間終了の30分前までです。

TEL 092-589-5890

〒812-0894
福岡県福岡市博多区諸岡1-23-14
諸岡クリニックモール内
西鉄バス:諸岡四ッ角近


 

福岡市博多区/眼科/白内障/緑内障/コンタクトレンズ検査

HOME医師のご紹介当院のご案内設備紹介交通案内

設備紹介

左のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

HOME»  設備紹介

細隙灯顕微鏡(スリットランプ)RO5000

細隙灯顕微鏡(スリットランプ)RO5000

抜群の結像性とキレのよさを誇るRodenstock社製スリットランプです。
眼瞼、結膜、角膜、水晶体、硝子体、網膜、視神経乳頭といった前眼部から後眼部までを詳細に観察できます。高解像度CCDカメラを通して病変をモニターに映し出しわかりやすくご説明いたします。
また患者さまお一人づつの画像は専用ファイリングシステム(イメージネット)で管理保存し、経過観察ができるようになっています。

小さなお子様やお身体が不自由な患者さまは手持ちスリットランプでご診察いたします。

眼圧計 NT-3000

眼圧計 NT-3000

眼圧測定検査は眼科では基本の検査ですが、角膜に空気を当てて眼球の固さ(眼圧)を調べる器械です。
空気の当たる強さは以前のものと較べて弱くなっており、痛みもなくスムーズに測定できます。

静的視野計 HFA2

静的視野計 HFA2

数ある自動視野計の中でもゴールデンスタンダード(大学病院、関連病院や眼科専門病院で導入)のハンフリー視野計です。
学会発表や論文のデータにはこの視野計のデータが用いられています。
初期緑内障かどうかのスクリーニングテストにも威力を発揮します。

動的視野計 940-K7

動的視野計 940-K7

ある程度進行した緑内障だけでなく、網膜疾患、視神経疾患や視野欠損が起こる頭蓋内病変の診断と経過観察に用いられます。
当院ではHaag社製のゴールドマン視野計を導入しベテランのORT(視能訓練士)が計測します。

角膜形状解析装置 TMS-SA

角膜形状解析装置 TMS-SA

角膜の形状をカラーマップで色分けして表わす器械です。
眼鏡で視力が出ない場合は角膜の歪みが原因の可能性があります。
特に初期の円錐角膜はスリットランプで診断を確定できないので必須の検査になります。
最近乱視が急に増えてきた方や眼鏡での視力が出にくい方はご相談ください。

スペキュラマイクロスコープ SP-3000P

スペキュラマイクロスコープ SP-3000P

角膜の内側の細胞(内皮細胞)の数や機能を評価する器械です。
内皮細胞は角膜の透明性を保つポンプの働きをしていますが、残念ながら分裂しない細胞です。
加齢以外にコンタクトレンズ(特に従来素材のソフトレンズ)長時間装用による酸素不足、内眼手術などでも減少することが知られています。
最近はシリコンハイドロゲルという酸素透過性の非常に高い素材のソフトレンズが発売されていますのでお気軽にご相談ください。

ドライアイ観察装置 DR-1

ドライアイ観察装置 DR-1

ドライアイには涙の量的および質的異常によっておこります。
涙の表面には油が浮いていますが、この油層の乱れが涙液層を不安定にしドライアイを引きおこします(涙の質的異常)。
本器械は油層の状態をナノメーターレベルで観察でき、ドライアイの重症度も判定できます。

近見反応測定装置 トライイリスC9000

近見反応測定装置 トライイリスC9000

手元を見るときはレンズ(水晶体)の厚みを変えるだけでなく、両目を寄せること(輻湊)と瞳(瞳孔)が小さくなります。
これらの動作は自律神経によって無意識のうちにコントロールされています。
本器械は眼精疲労時におこるこれらの協調運動の乱れをグラフで表わし、併せて重症度や治療効果も判定します。

眼底カメラ TRC-NW7SF

眼底カメラ TRC-NW7SF

カメラでいうとフイルムに当たる網膜の写真をとる専用カメラです。
緑内障、眼底出血、動脈硬化、糖尿病網膜症、黄班変性、網膜剥離などの診断と経過観察をおこないます。

マルチカラーレーザー光凝固装置 MC-300

マルチカラーレーザー光凝固装置 MC-300

糖尿病網膜症や網膜剥離裂孔などの治療に用います。
レーザーの波長を選べる高性能な装置です。